月別アーカイブ: 2014年9月

グラノーラは美しくなろう!

グラノーラは、最近ダイエット食品として大注目があびていますよね。健康に効果的な栄養素が含まれていることでも、健康志向の高い人たちからもオススメされている商品です。
では、グラノーラと合うものはなんでしょうか?
オーツ麦は相性抜群です。玄米の約3倍の食物繊維が含まれているので、便秘が改善されて腸内環境が良くなり、ニキビの予防に効果があります。その他にも、美肌作りに効果があるビタミンB群や、血流を良くして顔色を明るくする効果がある鉄分を摂取することができます。
ナッツも良いと思います。ナッツには抗酸化作用があるビタミンEや、糖質、脂質の代謝を促すビタミンB1、B2が含まれているので、ダイエットに有効な食品です。
ドライフルーツも良いですよね。フルーツをドライにするとき、水分が蒸発して栄養価がギュッと凝縮されます。それを皮ごと食べるので、生で食べるよりも効率的に、フルーツの栄養を摂取することができます。
これらをプラスして飽きてしまったら、ヨーグルトやアイスにトッピングするのも良いと思います。たまには気分を変えて上手に食べていきましょう!

みそ汁で美しく変身レシピ!

みそ汁を飲んで美しくしてくれるパワーがあると言います。日本人ならば、必須アイテムではありますよね。そんなみそ汁を美味しいレシピ紹介します!
まずは、抗酸化力の高いリコピンがみそ汁でたっぷり取れる!シミやシワを招く活性酸素を除去する抗酸化作用の高いリコピンやカロテンが豊富なトマトをプラスしたみそ汁です。発酵食品のチーズも加え、便秘による肌あれも予防ができます。
作り方は簡単です。トマトはくし切りに、たまねぎはせん切りに、エリンギは半月切りにします。スライスチーズは適当な大きさにちぎります。鍋にオリーブ油を熱し、たまねぎとエリンギを炒めます。しんなりしてきたら、水2カップとコンソメを加えます。沸騰したら中火にして、トマトを加えてみそを溶き入れ、火を止めます。器に具材を盛って、チーズをのせて、汁を注ぎます。最後に粉チーズをかけたら完成です。
次はそら豆、スナップえんどう、絹さやと、肌の材料になる良質の植物性たんぱく質がとれる豆類をたっぷり使用することで、肌を作る良質のたんぱく質を補給ができます。豆類には、肌あれを防ぐビタミンB群も豊富なので美肌に期待できます。
作り方は簡単です。そら豆は、ゆでて薄皮を取っておきます。スナップえんどうはスジを取り斜め切りにします。絹さやはスジを取ります。セロリはスジを取り薄切りにします。鍋にだし汁とセロリを加えて火にかけます。沸騰したら、中火にしてスナップえんどう、絹さや、そら豆を加え4~5分間煮ます。しらすを加え、みそを溶き入れて、器に盛り、ゆずこしょうを乗せたら完成です。

手軽でヘルシーな美容食!

グラノーラは、オーツ麦を中心としたライ麦やとうもろこし、玄米などの穀物にハチミツ、黒砂糖、植物油を加えて焼き上げたシリアルの一種です。海外では、朝食として食べられている人も多く、なんだかオシャレなイメージがありませんか?最近では、日本でもナッツやドライフルーツが混ざったものもあり、ザクザクとした食べ応えのある食感と、甘みが楽しめるため、人気が急上昇していますよね。時間がない朝には、牛乳や豆乳をかけてササッと食べることができるし、外出先やオフィスで小腹が空いたときには、携帯用のグラノーラバーを手軽に食べることができるし、忙しい女性にピッタリな栄養機能食品と言えますよね。
美しいモデルさんたちでも、「グラノーラにくるみ・プルーンとミックスドライフルーツをのせて、ヨーグルトとハニーをかけて食べる」と言っている人も多くいます。手軽に食べられて、美味しく、そして健康的にも高い食べ物でダイエット食品としてもオススメです!