月別アーカイブ: 2013年10月

ハードコンタクトレンズって慣れると楽

コンタクトレンズ(ハード)について
これも妹談になりますが、妹はハードのレンズコンタクトを使っていたこともあります。ハードはソフトに比べてレンズが小さく、名前の通り、ソフトよりかたいらしいです。
妹によると、ハードには使い捨てレンズがなく、最初に手出しするお金は一番大きいと言ってました。
確か片目1万するかしないかって言っていたような。初めて眼科で着けた時は、涙がボロボロ出てとても痛かったとの事でしたが、慣れてしまえばハードの方が楽でいいとのことなんです。
まず、コンタクトを着けてるとして、目にゴミが入ったときソフトは洗浄液でしか洗い流せないけど、ハードは水でチャチャっと流して、また装着することができるんです。それは私も知らなかったのでいいなぁって思いました。
ただ、一つだけ悲劇になってしまうことがあるのでご注意を。それは、ソフトと違ってハードは外れやすいので、街中でぶつかって落としたってドラマよくあるでしょ?
あんなことが起きる可能性があるという事と、洗面台で外していて、あやまって排水溝にでも落としてしまったら、、換えがないため痛い出費になるというわけです。
でも目にはハードの方が優しいって話も聞くんで、眼科医さんと自分の生活に合ったレンズを選ぶことをおすすめします。
私としては、通販とか安くて魅力的ですけど、やっぱり最初は眼科で見てもらったほうがいいでしょうね。

自分のレンズ度数などのデータがわからない場合は、コンタクトレンズ度数bc.comで確認してから買うようにしましょう

好きなファッションの番組

ウィンドショッピングでいいと思う服は多いですが、持つのは収納の関係もあって限られてきます。ありすぎるとシーズン毎の管理が大変になりますし。そこで限りあるアイテムをどう組み合わせるか、が頭痛の種になります。
 ほんのちょっとしたディテールの違いだけで、全体の印象がちがってしまうのはよくあることで、その為に朝、時間がないのに決まらなくてイライラしたりしてしまいます。そこに季節の変化もあったりして大変です。
 だからこそファッション誌やファッション情報などをチェックしとくのは重要です。なにも流行のためってばかりじゃない、意外にね。
 そういう意味で最近オモシロイと思うのは、日本テレビのお昼番組「ヒルナンデス」の中でやっている「三色ショッピング」のコーナーです。色と価格を限定された中で、どんなアイテムを選ぶのかってところが参考になります。
 もうひとつ、参考にはあまりならないけど、やはり与えられた条件の中でセンスを試される番組、WOWOWの海外番組「ランウェイ」デザイナーの卵シリーズもオモシロイです。一回毎にだれか一人が優勝、だれか一人が脱落というシビアなものですが、日本に限られないファッションの感覚を味わえるのが好きです。
そのなかで紹介されていたフレッシュルックデイリーズイルミネートが最近の私のお気に入りです。